FX取引はテクニカル分析が不可欠なのでシストレが重要になってきます!

FX取引のように超短期取引での勝負はテクニカル分析が大きな力を持ちます。
チャーチストと呼ばれるテクニカル分析の信奉者は、短期長期を問わずテクニカル分析で相場変動を分析しようとしますが、本来は短期取引の分析手法です。
特にFX取引のような超短観取引では絶大な威力を発揮する場合があります。
このようにテクニカル分析は頼りになりますが、自分で計算しようとすると標準偏差の計算が必要だったりして現実的ではありません。
このような場合シストレが威力を発揮します。
単純なツールでしかない場合は問題外ですが、ある程度ややこしい相場展開ではテクニカル分析が有効になります。
このような場合、シストレを使うことでずいぶんと相場予測をしていきやすくなります。