キャッシングの限度額について

専門学校の卒業が間近になった頃、僕は憂鬱でした。
みずほ銀行カードローンの金利は、金利年3.
5%~14.
0%ととても低金利で借入限度額最大1000万円となっていますのでとても人気です。
単位不足で卒業が6月に延期になったからです。
学費もそれだけかかります。
実家暮らしでない自分には痛い金額ですが、親にも言えず、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。
ただ、正直言ってどこに借りに行ったら良いかわかるわけもなく、バイト先の人に諭されたのもあり、最終的には親に出してもらいました。
たとえ借りれるとしても、返すアテがなかったり無理になるような借金はしちゃダメです。
いまだから言えることですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。
当時は本当に何もわからなかったんですね。
キャッシングでお金を借りるときは、ひとつの金融機関に絞れば手間も少なく、返済しやすいです。
それに節度があるみたいな印象もあるようです。
しかし、1社だけに絞っていれば本当にトクだというわけではありません。
2社目で借りることによってメリットがあるので、時には見直しが必要です。
年利の低さは総返済額削減に直結しますが、1社目より低金利な融資を提供していたり、融資限度額を考えると会社によって大きな違いがあり(800万円という会社もあります)、ユーザーにとって有益なことがあります。
限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。
キャッシングをモビットで利用する場合、スマホはもちろん、携帯電話やインターネットからもお申込み可能で、10秒ほどで審査結果を確認できます。
ヤミ金融なども多い中ですが、モビットは大手三井住友銀行のグループなので安心感があるという点も、利用者が多い理由でしょう。
お金を下ろせる自動ATMも全国に10万台以上あり、お近くのコンビニから現金を受け取れるようになりました。
また「WEB完結」ならインターネット上での手続きなので、書類を郵送することなくキャッシングできるのです。